「もう帰ろうよ」

なつかしい場所へ * こころのふるさとへ

2013年05月

DSCN9809


DSCN9801


DSCN9803


雌もいないのに、立派。
何か、妄想していたんだろうか。
瞳が恥ずかしそうだった。
見ているこっちが恥ずかしくなった。
 

↑このページのトップヘ