DSC00855


DSC00857

島根半島の北側に砂浜は少なく、ほとんどが日本海の荒波に侵食された崖になっていて、その中に小さな湾が四十二の天然の良港を作っている。
それらの地を地元では地名に浦(うら)を付けて呼んでいる。
大社町の宇龍浦もその一つである。
そして、そこにはそれぞれに神を祭る社がある。
見えている鳥居は、宇龍の湾内にある権現島の熊野神社である。

DSC00859